株式会社フィナンシャルパートナーズ

「 2011年8月 」 の記事一覧


がん保険に関するくだらない噂

2011年8月29日(月) Written by 舟城 浩

ある芸能人が呟いた一言で、がん保険がなくなるのではないかと
ちょっとした騒ぎになりました。

(以下引用)
生命保険会社に勤める知人が、「最近、ガン保険のCMがなくなったと思わへん?」と。
理由を訊いたら、外資系には共通の資料が回って来て、原発事故後のガンの発症率が上がったので
売り止めがかかってると。
特に0~6歳の子供達の被爆が指摘されてて、北海道~関西圏が汚染地域として指定されてると。

結論からいうとそんな話は全くないです。
大体5ヶ月そこらのデータで保険料に影響を与えるとかありえませんので。

僕はこの呟きをリアルタイムで眺めていたのですが、
最初の反応は、間違いを指摘した冷静なリプライが多かったのに、
次第に賛同リプライが増えていって、最後の方は軽い炎上に。
結局はネットニュースになってしまいました。

この芸能人に「影響力を考えて発言をしろ」という批判は多いですが、
基本的にネットで発言を制限できるものではないですからね。
あくまでも自分で情報を取捨選択する能力が問われます。

ただ今回の一件、炎上度はさほどではなく、
ネット社会における情報リテラシーの向上をちょっとだけ
垣間見ることができたような気がします。

【まとめ】
①保険会社はCMを減らしていない。
②ガンの発症率があがったという確実なデータはまだない。
③保険会社は積極的にがん保険を販売している。
④保険料に影響が出るようなデータはよっぽどのことが
 ない限り数ヶ月で算出されるようなものではない。
⑤外資系生保は足並みを揃えない。
⑥がん保険を販売するための保険会社陰謀説(稚拙すぎ)