株式会社フィナンシャルパートナーズ

「 2015年2月 」 の記事一覧


同性愛者の保険加入考察

2015年2月16日(月) Written by 舟城 浩

先日テレビのニュース番組で同性愛者の生命保険加入についてお互いを受取人指定することができないと言ってました。

確かに保険金受取人は原則「戸籍上の配偶者」もしく「二親等以内の親族」となっているので保険会社は引受けしません。

第三者受取は「婚約者」といったような例外を除いてほぼ不可能です。

しかし先般の保険法改正により、「保険金受取人の変更を遺言によってできる」ようになりました。

保険法第44条

つまり保険会社に変更手続きをしなくても受取人を遺言書によって変更できることになった訳です。

その旨を親切に案内している保険会社もあります。

遺言による受取人の変更ができるようになりました(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命)

あくまでも推測で実際にできるかどうかはわかりませんが、

①まずは法定相続人を受取人として生命保険に加入

②契約成立後、遺言書を作成し受取人をパートナーに変更指定

こういった形を取ればどうなんでしょうか。

もちろん遺言であれば誰でも指定できる訳ではありません。

「公序良俗に反しない」事が重要です。(愛人は認められないでしょう)

また同棲、生計を一にする等の既成事実も必要です。

最初に設定する受取人の同意も重要でしょうね。

その上で裁判所がどう判断するのか、僕にはわかりません。

でも、この先時代が進めば、認められる可能性はゼロではないような気もしますが、どうでしょうかね。