株式会社フィナンシャルパートナーズ

生命保険料控除12万円を使い切れ

2011年6月7日(火) Written by 舟城 浩

平成24年1月より生命保険料の控除枠が変わります

詳細はこれからですがポイントは下記の通り

①平成24年度1月から「一般の生命保険」、「個人年金」の他に「医療・介護保険」が追加

②従来は「一般の生命保険」、「個人年金」でそれぞれ年間保険料10万円以上だと

 最大5万円が所得から控除でき、両方合わせて10万円が控除できたのに対し、

 今回からは最大5万円⇒最大4万円に減額

③各控除額は最大4万円にはなるが、合計は「4万円×3=12万円」となり、従来よりも控除額が多くなる

さて、ここからが大事なところ

1. 平成24年度1月以前の契約については、従来の方式を取る

   つまり、年間保険料10万円以上で最大5万円の控除⇒合計10万円の控除は継続

2.医療保険、介護保険についても平成24年度1月以前の契約であれば

  そのまま「一般の生命保険」としてカウント

つまり、既に10万円の控除枠を使っている人は、その枠をそのまま使えるので、

平成24年度4月以降に医療・介護保険に年間保険料2万円分(月額1700円程度)加入すれば

最大12万円の控除が受けられるという事です

まあそこまでして控除枠12万を使い切るかどうかは別として

今年の12月までに個人年金の「5万円控除」の枠は押さえておいたほうがいいですね

(⇒結局これが言いたかったのか)

<補足>

どの商品が「医療保険・介護保険」に該当するかはまだ決まっていません

本文は現時点での情報に基づいて記述しております

Category: 会社からのお知らせ ,保険一般

コメントを投稿する