株式会社フィナンシャルパートナーズ

団信と生命保険、どっちが得か

2012年6月6日(水) Written by 舟城 浩

住宅ローンを組むときに加入する「団体生命信用保険」

民間の金融機関の場合は殆どが強制加入ですが、「フラット35」の場合は
加入が任意となっています。

空前の低金利で「変動金利」でローンを組む人が90%以上だそうですが、
そろそろ雲行きも怪しく「フラット35」派も増えていくでしょう、
という事で「団信」と「生命保険」どちらが得になるか。

団信は年齢によって保険料が決まるわけではなく、
残債の金額や返済期間等によって決まります。

借入金1000万円当たり⇒35800円/年
1000万円当たり月額3000円程度と考えるといいデスね。
3000万円のローンなら9000円/月です。

年齢が全く関係ないので共済のようなものです。
なので、若い人ほど保険料は多めに払っている訳です。

一方で残債が減っていくごとに保険料は毎年下がっていきます。

これを収入保障保険と比べてみると面白いです。

収入保障保険は各社の価格競争が熾烈で、非喫煙/優良体で加入すれば
驚くほど保険料が安くなっています。

30代であればまず収入保障保険の方が安くなりますので
フラット35で任意加入してる人は検討してみると面白いかもです。

Category: 会社からのお知らせ ,金融一般

コメントを投稿する