株式会社フィナンシャルパートナーズ

標準利率引き下げ

2012年6月25日(月) Written by 舟城 浩

生命保険料、来春上げ…標準利率0・5%下げで

以下記事抜粋↓↓↓
「契約者に約束する運用利回り(予定利率)の目安となる「標準利率」について、
金融庁が現行の年1・5%から年1・0%に12年ぶりに引き下げる見通しになり、
保険料を増やさなければ保険金の原資を確保できなくなるためだ。」

標準利率が12年ぶりに引き下げられることになったそうです。

標準利率とは、各保険会社が将来の保険金支払のために積み立てをする責任準備金の
積み立てに使用する利率の事で、新発10年国債の過去3年間の平均利回り等から
算出されるものです。

利率が下がればその分責任準備金を多く積み立てなければいけないので
当然保険料は値上げされます。

今後予想されることは下記の通り。

1 終身保険や養老保険といった貯蓄系保険の値上げ(予定利率引き下げ)

2 医療保険、がん保険はあまり影響がない?

3 各社一律の値上げではないので会社によって差がどの程度でるか。

4 既契約には影響がないので慌てないこと。

前回の2001年の引き下げ時の各社の状況は正直記憶があいまいですが、
結構会社によって値上げの幅が違っていた気がします。

来年も生保業界は大荒れですな。

Category: 会社からのお知らせ ,保険一般

コメントを投稿する